Lilypie Pregnancy tickers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバサール1mgの副作用


潜在性高プロラクチンと診断され、飲み始めて4ヶ月のカバサール1mg。
子供がほしければ妊娠、胎嚢確認まで続けなければいけない薬。
ここ1ヶ月だんだん酷くなってゆく副作用にほとほと困り果てていた。

動悸、息切れ。めまい。立ちくらみ。指先の震え。


眠れない。眠れない→息苦しい→動悸がする・・とだんだんと悪化。
笑いながら映画を見てても急に胸がわしづかみされるくらいに痛むようになる。


やっと予約の日が来て処方してくれた医師のいる大学病院へ。
「そんな副作用は聞いたことがない」と。そして飲み続けなさい」と。
さらには
「流産繰り返してるから、精神的なものだ。考えすぎないこと。」と。

へ?何いっちゃってるんですか?
私が何を考えていると?前に進めずうじうじしてるとでも?
なんですか、その勝手な解釈は。


生活に支障をきたしてるからこうして大学病院まで足運んでるのに。
仕事にならないから、相談してるのに。

死ぬほど痛い生理痛だって20年以上耐えてきてるんだよ。
かなり我慢強いほうだと思うけど?
馬鹿にしないでいただける?といいたい。

指先がガタガタ震えてるの見たでしょ。
箸だってろくに使えない。
私はホルモン剤に弱いって言ってるじゃない。ピルでもリュープリンでもゲロゲロなんですよ。
合う合わないがあるんだってどうしてわかってくれないのさ。
私とそう年の離れていない先生さんさぁ、自分の家族にもそんな風に突き放すんですかっ?



取り合ってくれないから帰宅してから自分で調べたらいろんな危険な副作用が見つかった。
製薬会社の医療薬ガイドにはちゃんとこういった副作用が上げられているのに
医者はカバサールのせいではないという。なんだこれ?
カバサールのせいでしょ。どう考えても。
先生はわかってるの?改訂になった部分。


こんな状況なのに、すぐ対処しない医者ってなんなの。
容量いきなりマックス飲ませられてるんだから、少し容量減らすとか、
しばらく休薬して様子を見させるとか、医療ガイドのとおり、
心臓弁膜症の心エコーや、脳腫瘍の検査をするとか、
どうして提案すら出来ないんでしょう。

頭の中なぞだらけですよ。

子供作るうんぬんの前に私死んじゃうっつの。



副作用が認められた場合には、観察を十分に行い、減量、休薬又は投与中止等の
適切な処置を行うこと。


って書いてあるよ。先生。書いてあるんだよ。
観察十分に行ってくださいよ。

というわけで他病院に行ったところ、即中止するように言われました。
担当の先生にもう一度辛い症状を伝えてって。

伝えたよ、いやってほど。
冗談じゃない、もう行かないわよ。



医者は信じるな。
そういうことですか。




高プロでカバ飲んでる方。こんな副作用が現れる方は少ないでしょうけれど、
少数の苦しい副作用に孤独に耐えている方の為に。
ココに残しておきます。
息が苦しいなんて、指先ががたがた震えるなんて異常なんです!!

ホル剤に弱い人って本当に孤独だ。
医者の「そんな人いないよ、みんな平気だよ」が本当に頭くる。
みんなってなんなのよ。
ここにいるんだよ。2%か3%の確立で辛くて辛くて大変な人がさ。

そういう人に目をむけないでどうするの。

人任せにしてたら死んじゃう。
自分の体は自分で守らなくちゃいけないんだね。
なんて悲しい世の中なんだろ。






以下、高プロの方が注意すべき点。



乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害、高プロラクチン血性下垂体腺腫


重要な基本的注意

■.本剤の長期投与において心臓弁膜症があらわれることがあるので、投与前・投与中に以下の検査を行い、十分な観察を行うこと。なお、投与中止により改善がみられたとの報告例もある。

■.本剤投与開始に際しては、聴診等の身体所見の観察、心エコー検査により潜在する心臓弁膜症の有無を確認すること。

■.本剤投与中は、投与開始後3~6ヵ月以内に、それ以降は少なくとも6~12ヵ月毎に心エコー検査を行うこと。心エコー検査等により心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限及びこれらに伴う狭窄等の心臓弁膜の病変が認められた場合は、本剤の投与を中止すること。また、十分な観察(聴診等の身体所見、胸部X線、CT等)を定期的に行うこと。

■.間質性肺炎、胸膜炎、胸水、胸膜線維症、肺線維症、心膜炎、心嚢液貯留、後腹膜線維症があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察するとともに、患者に対し、本剤の投与中に発熱、咳嗽、胸痛、息切れ、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、直ちに連絡するよう指導すること。

■. 前兆のない突発的睡眠、傾眠、起立性低血圧がみられることがあるので、自動車の運転、機械の操作、高所作業等危険を伴う作業には従事させないよう注意すること。

■.乳汁漏出症や高プロラクチン血性排卵障害では、投与開始前にトルコ鞍の検査を行うこと。


副作用

1. 消化器(頻度不明) 嘔気・悪心、嘔吐、便秘、むかつき、腹痛、下痢、胃部不快感、胃痛、胸やけ、胃炎
2. 精神神経系(頻度不明) 頭痛、めまい、ふらつき、眠気、いらいら感、うつ病、異常感覚、リビドー亢進
3. 循環器(頻度不明) 立ちくらみ、動悸、血圧低下、指の血管攣縮、浮腫
4. 呼吸器(頻度不明) 息苦しさ
5. 血液(頻度不明) 血小板数減少、白血球数減少、血色素量減少
6. 過敏症(頻度不明) ほてり、発疹、紅斑、顔面浮腫、蕁麻疹、そう痒
7. その他(頻度不明) ざ瘡、けん怠感、トリグリセライド上昇、乳房痛、下肢の痙攣、脱毛、無力症、CK(CPK)上昇

※副作用が認められた場合には、ただちに医師または薬剤師に相談のこと。




ファイザー製薬
患者向け医療ガイド「カバサール」PDFファイル

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。