Lilypie Pregnancy tickers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D13 38歳最後の受精卵

owner only CATE:不妊治療

先日のエントリーにコメント下さった方、メールを下さった方、ありがとうございました。
こんな独り言BLOGにお声かけいただき本当に感謝です。
なんだか胸がいっぱいになって涙が出ました。
ゆっくりお返事、BLOG訪問させていただきますね。
取り急ぎのお礼でごめんなさい。

おかげさまで昨日は無事ひとつ卵が採れました。
当日予定していた女医さんではなく、院長先生が現れました。
私のBLOGバレてる??なんて思ったけれど、昨日は採卵の人がとても多かったので
それでかもしれません。

真っ暗な気分で夫と病院に向かっていたので、院長先生の「おはよー」の一言で
目がキラキラして気持がグンと上がって、まるで先生に恋してるような感覚に。
これで一個は絶対取ってもらえる!って確信できて急に安心できたというか・・

チョコ側に3つ出来た卵のうち、2つをなんとか採卵してもらえました。
もう1個はチョコの裏の方で採りにくい位置プラス1.4ミリで小さめだったので未熟卵の
可能性は高いとのことで、採ってもらいませんでした。
チョコがあるので時間がかかったしお腹を押されて痛かったけれど、
採ってもらえてうれしかったです。

アンタゴニストで排卵抑制した為、黄体が全く出ておらず内膜が5ミリしかなかったので
新鮮胚での移植は不可となりました。
私としてはまた胚盤胞での凍結貯金を目標としていたのでちょうど良かったのですが
注射を使うと正常な状態に戻るまでしばらく周期が狂いそうで少し怖いです。
(ピルが飲めない為、強制リセットできないのです・・)

今日受精確認できましたが、これから胚盤胞までの長い壁が待っています。

これが38歳最後の受精卵。

なんとか、なんとか、凍結まで頑張って欲しい。


いっぱい泣いて、いっぱい苦しんで、そしてそんな中でも頑張って芽生えてくれた
貴重な受精卵。

きっと。生命力いっぱいだ。

そう信じたい。



今日は夢クリに通院中の友人と庭園巡りしてきました。
苦楽を共に出来る大事な親友。
彼女は私より長く治療をしている。そして2年連続流産している。

頑張っている私たちを神様は見ていてくれてるかな。
私たちが赤ちゃんを抱く日が来るのかな。

駒込の六義園の枝垂れ桜。

六義園の庭園。寒かったけれど澄んだ空。


ドーム隣にある小石川後楽園。


ドームや高いビルの合間に残る歴史ある大木。
こんな風に強く根を張る元気な赤ちゃんがお腹に宿りますように。
そんな思いをこめて。




にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

Secret

TrackBackURL
→http://sorao08.blog82.fc2.com/tb.php/66-5d7a8231 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。