Lilypie Pregnancy tickers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D14 移植延期

owner only 受精分割確認・移植キャンセル
D13(高01) 08.03.01 BBT:36.78 採卵翌日・夜痛みと出血
D14(高02) 08.03.02 BBT:36.70 受精分割確認・痛みと出血


本日10時、受精分割確認が取れました。良かった・・
でも、私の体調がおもわしくなく・・・
採卵翌日酷い下腹部痛、左側に刺すような痛みが走り、トイレ生理2日のような出血。
そして今日もダラダラと痛みと茶オリが続いていたので、電話でその旨を伝える。

内診して先生と相談してから移植を決めることになり、予約時間通り15時に病院へ。
エコーで動かされただけで、引きちぎれそうに痛かった。
そこです!というとやっぱり卵巣。採卵した卵巣が腫れていてその周りが出血していた。
多分採卵前最後につかったテイゾーで卵巣に刺激を与えてしまったから、と、
私は左の卵巣のすぐ近くに血管があって、傷つきやすいんだろうとのこと。

内膜症の人はやっぱり誘発には気をつけなくちゃならないんだなと、改めて思いました。
左の卵巣は昔からいつもチョコが溜まって腫れていたし、手術の時も癒着が酷かったのは左だし
トラブルが多かったからこれも仕方がないのかも。
前のCLで一度フォリスチムで誘発して採卵した時も左がパンパンに腫れて大変なことになった。
あんなに痛い思いをして採卵したのに左からの卵は全部ダメだった。

そんな中よく頑張ってくれた。よね。左の卵巣ちゃん。

先生は卵巣の腫れよりも出血のことを重要視していて、出血がある場合
ホルモンバランスが崩れていることが多いので、移植は避けた方がいいとのことだった。
このまま黄体補充して周期を整えて、次周期以降良い状態で移植を勧められた。

もちろんです。頑張ります。
問題は胚盤胞まで育ってくれて凍結できるか、だけれど。

今の4分割期ではスピードもグレードも良好だけれど先はわからないこと知ってる。
私の最大の難関。

胚盤胞到達

なんとか頑張って、卵ちゃん。待っていて。


卵巣の腫れ、出血が引くまでしばし安静にしますデス。
大好きなPAULのパンをかじって布団にはいりました。



診察記録
左卵巣の腫れ(4cm)子宮の入り口と卵巣の周りからの出血の為移植延期。
(出血は黄体ホルモンのバランスが崩れてしまうのでなるべく移植は避けたほうがいい)
受精卵:4分割期・グレード1・分割スピード良好
3/4(火)16:00 分割確認(8分割期~)
3/6(木)12:00 凍結確認(胚盤胞)
カバサール(潜在性高プロ)の副作用による便秘緩和の為に薬処方

診察料:2990円
エコー 2,100円
処方代 570円(保険適用)
薬代 320円

投薬:
酸化マグネシウム0.5g 1日3回朝昼夕14日分



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

Secret

TrackBackURL
→http://sorao08.blog82.fc2.com/tb.php/7-4ba85ea4 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。